リートとは何かを知ることから始める|お金について学ぶ

プロの運用に任せる

男女

投資信託への投資を検討している投資家におすすめな証券会社は、初期購入手数料が無料のノーロードの投資信託を数多く取り扱っているところです。投資信託には新しいタイプのETFというものがあり、手数料が低く、より頻繁な売買に適しています。

More Detail

お金学べるゲーム

グラフ

キャッシュフローゲームはお金に関するセンスを身につける、全く新しいスタイルのボードゲームです。お金を増やす投資や管理について学ぶことで、ゴールにもたどり着けるように設計されています。日本語版も出ているので、誰もが取り組めるようになっています。

More Detail

不動産投資信託とは

硬貨

リートとは不動産投資信託のことを言います。個人を含め多くの投資家から資金を募ってその資金で不動産物件であるオフィスビルを建てたりマンションを購入したりして、それを多くの人に貸して賃料収入を得、その収益を投資家に分配するというシステムのものを言います。これは証券会社がプランを練ったり、現在でも有名なファンドがあったらこれを購入するように持ちかけて来る場合もあります。リートとはアメリカでは1960年代に既に始まったもので、日本へは2000年代に入ってから知られるようになりました。形態には契約型と呼ばれるものと会社型と呼ばれるものがあり、一般的には契約型が良く知られています。比較的に少額の100万円ぐらいから始めることができて、老後の資金の不足が予測される場合に1つの安全弁にもなり得るとされています。

リートとは1つのワンルームのような不動産物件を購入してそこから配当を得るのではなくて、オフィスビルや商業施設、ホテルやリゾート施設、共同住宅などに対して専門家が投資を行い、その管理や運営も全て専門家が行うので手間が要りません。ワンルーム物件の場合には空室が出て長引けば即家賃料収入が入らなくなりますが、地域としても多様な地域に分散して投資を行うためにリスクが分散され安全側となります。よって配当は比較的に安定していて取引所で売買も可能で換金も比較的に簡単に行えます。人がいれば衣食住、つまり住むところは欠かせません。リートとはそういう意味では必要不可欠なもので、将来的に人口増加が見込まれる米国では、景気の回復基調とともにこの不動産投資信託も有望視されています。

2つの事を意識しよう

紙幣を数える人

資産運用の初心者が陥りやすい失敗を避けるためには、分散と時間を意識することです。分散には投資対象の分散もありますが、時間の分散もあります。この2つを意識することで資産運用の成果が少しずつ上がってきます。

More Detail