リートとは何かを知ることから始める|お金について学ぶ

プロの運用に任せる

男女

テーマを選ぶだけ

多くの証券会社が販売している投資信託に注目が集まっています。その理由は、当時信託は個人投資家が個別の企業を分析して銘柄を選択する必要がなく、自分の関心のあるテーマに沿ったものを選ぶだけでよいためです。そのため、企業分析の経験がない方や、銘柄選びの時間がない方が、特定のテーマに沿って銘柄が選抜されて集められた投資信託に投資をすることが可能なのです。おすすめの証券会社は、手数料が低い投資信託を販売しているところです。具体的には「ノーロード」と呼ばれる手数料体系の投資信託の取り扱い数が多い証券会社です。これは、購入時に最初の一度だけ課される初期購入手数料が無料のものです。一部の投資信託はノーロードになっており、投資家におすすめできるためです。

新しいタイプのETF

おすすめの投資信託はノーロードタイプであると書きましたが、これに加えて知っておくとよい情報があります。それは新しいタイプの投資信託で、ETFという名称がついているものです。ETFは通常の投資信託と異なり、ザラ場中の価格で売買も可能で、信用取引によって空売りから入ることも可能です。取引手数料も低くなっています。そのため個別銘柄ではなく投資信託をより頻繁に売買したい投資家にもおすすめできる金融商品です。そこでおすすめできる証券会社はETFの取り扱いが多い証券会社です。ETFの取扱数は証券会社によって大きく異なります。各社によって特徴が異なり、業界別ETFが強いところや、海外ETFの取り扱いが多いところなど様々な証券会社があります。